Mac上でのEclipse利用における注意事項について

【現象】
Mac上でEclipseを起動させた場合にAZProlog環境変数が認識できずに誤動作する
・コンサルトが行えない
・Prologコンソールが表示できない
・ファイルセーブで例外処理が発生する
・上記以外の操作でも例外処理が発生する


【対象バージョン】
AZ-Prolog Development Tools 2.1.2.201505281244


【対処方法】
  AZProlog環境変数を事前に設定しprologコンソールが表示されるようにする。


  ①launchを設定します
    ・エディタでlaunchd.confファイルを編集します。
      $ sudo vi /etc/launchd.conf
        以下の行を最下位行に追加します。
        setenv AZProlog /Applications/azprolog.app/Contents/az_home

  ②Eclipseサイトよりプロパティーリストファイルをダウンロードします。
    Downloadはこちら

    ・プロパティーリストファイルを /Library/LaunchAgents 配下に置きます。
      $ sudo mv stenv.AZProlog.plist /Library/LaunchAgents
      注) stenv.AZProlog.plistは任意の場所にダウンロードされているので
          適切なパスを指定すること。

    ・プロパティーリストファイルをロードします。
      $ launchctl load /Library/LaunchAgents/setenv.AZProlog.plist